ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 出たぞ! アイアンマンカップ 2006/7/30


人が集う! アイアンマンカップに参加してまいりました。
このアイアンマンカップは、地区大会を5つ行い、その成績優秀者が決勝大会へ進むという形式になっています。  関東の大会への参加は、キャンセル待ちになってしまうぐらいの人気があります。 絶対に出たい!って人は、 晴れ倶楽部のホームページをこまめにチェックすること をおすすめします。
さらに、参加申し込みは晴れ倶楽部会員から受け付けるので、この会員になったほうがいいです。 年会費 3000円は、ちと高いかな?と思いますが、ゴルファー保険に自動的に加入されたり、イベントで朝食がついたり のサービスを考えれば安いものと思います。

アイアンマンカップの特殊性から、気をつけるべき点があります。
男はかつぐ

自分で担ぐか手引きカートか?

みんな担ぐものだと思っていたら、案外手引きカートが多いんです。  ジオテックで販売されている手引きカートが多いようです。 税込み6300円でアルミ製の軽量カート。  これは、河川敷のセルフラウンドとかにも使えそうです。 ハーフセット用のバッグを使う人も目立ちました。

目土バッグ

カートを使わないので、目土バッグを持って歩かなければいけません。 自分で持っていない場合、主催者 が用意したバッグを4人で交代で持ち歩くようです。 ぼくの組は、ひとりだけ持っていなかったので、その 人が用意されたバッグを持ち、あとは自分のものを持って歩きました。 目土バッグは自分で用意したほうが、 あっちこっち動かなくてよいと思います。 ただ、ずっと重いものを持っていなければいけないですけどね。

水分&栄養補給

夏場に27ホールも歩いてまわるのは、体力的にもたいへんなことです。 プレイ中の水分と栄養補給は、 スコアよりも注意したいもの。 その点、アイアンマンカップは、協賛会社から提供されるスポドリと、 10秒チャージできるゼリーをいただけるので、用意しておかなくても心配なかったりします。

ぼくは午前の18ホールスループレイ中、えらいおなかがすいたので、いつもラウンドの時は用意してある チョコをむさぼり食いました(笑)

27ホール担ぐのは大変か?

ぼくはアイアンマンカップにむけて、階段をなるべく使うように気をつけました。 スクワットなんかも1ヶ月 前から始めましたが、1週間坊主で終わったことを報告しておきます(汗) まあ、一般的な体力を持っていれば 、そうたいしたことはないです。 天候にもよるんでしょうけどね。

それでも心配な方は、事前のラウンドで担いで歩いてみることをおすすめします。 乗用カートに乗りなれた 方も、いつでも自分の近くに全てのクラブがある安心感と便利さに、感心することうけあいです。

結果は・・・?

大会1週間前から襲われたシャンク病に、とんでもない成績をおさめてまいりました。 その顛末は楽天ブログの 競技初参加 1で お楽しみください。

表彰式の模様