ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 ダフリをなくす練習2 2007/5/5


ットでダフリ防止を調べているときに見つけたページの話です。

そのページには、 ヘッドをソールして、のこぎりのように前後に動かす人のまねをしたら、ダフリがなくなった と書いてありました。 ダフリがなくなるんだったら、なんでも試してみたいと思いますが、その方法は おまじない程度にしか思えませんでした。

しかし、ダフリ撲滅練習2回目の日のことです。 前回の練習で打点がトウよりにずれるのは、ソールを浮かせる アドレスが原因では? という疑問を解決すべく、しっかりソールしてみたのです。 そして、体全体が正しい ポジションに納まるように、ひざを小刻みに曲げ伸ばし・・・ あら? ヘッドがのこぎりのように前後に動いている。  このことだったのね(笑)

さて、この日は非常に大きな変更点があります。 それはシャフト。 ぼくのアイアン、プロコンボツアー には、ダイナミックゴールドのS300がささっています。 重めのシャフトです。 5Iで435g、2年前のデータ ですが、大手メーカーのアイアンの中では最重量です。

このアイアンにした理由は当時シャンクに悩んでいて、その原因は軽いクラブにあるとの情報を得たからです。  結局クラブを替えてもシャンクは直りませんでしたけど・・・

もうそんな最重量のアイアンを振り回す肉体ではないのでは? ダフリのひどさに、そう思い始めたのです。  どう見たってアメリカ人には見えない、日本人の平均的な体格。 年齢的にも、そろそろ無理しないほうが いいでしょ?

ということで変更したシャフトは、ライフル100です。 ヤフオクで安いセットをゲットしました。 リシャフト作業は もちろん自分です。

アイアンのリシャフト

軽いシャフトの効果はといいますと、まず楽ちん! たった30g弱なのに、こんなにも軽く感じる なんて! これなら重さに負けて、ヘッドが落ちすぎることはなさそうです。

今日のスイングの注意点は、右足にしっかり体重をのせることでしたが、これがうまくできているようでした。  トップで、右のおしりに張りを感じることができました。

さらに何球か打っていると、右足親指が痛くなってきました。 これは右足が、しっかり地面をふんばっている 証拠。 これができると打点やスイングが安定します。 早くもダフリ解決かな?

ダフリをなくす練習3へ


このページの先頭へ

軽いクラブを使えばダフリ減少か?カーボンシャフト装着アイアン を見てみる。