ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 ダフリをなくす練習3 2007/12/23


フリについて考えてみたときに、いちばん簡単に思いつくことがひとつあります。

それは、スイングの 最下点を、飛球線方向へずらすことです。 ダフリとは、ボールの手前が最下点になる現象です。 それなら、 その最下点をボールの先にずらしてあげればダフらなくなるはずです。 あこがれの、ターフをとるスイング です。

最下点をボールの先にずらすには、ダフるスイングよりも左へ体を移動させればよいでしょう。 実際に やってみました。 

左に体を移動させるということは、いわゆる体重移動です。 インパクトまでに左への体重移動を行えばよい のですが、はじめはそううまくいきません。 うまくできるようになるまでは、ゆっくりしたテンポで練習 です。 バックスイング→トップ→左足に体重を移動(このあたりゆっくりしっかり)→ダウンスイング と、素振り5回やって体に覚えさせ、実際にボールを打つ。 この練習を愚直に繰り返します。 練習は愚直 がいちばんです。




さらに体重移動するスイングを手に入れるためのドリルをもうひとつ。 7番アイアンで左足かかとの位置に ボールをセットします。 その状態から左足を右足につけます。 つまり足は閉じた状態になります。  ここからスイングの開始です。 トップまでいったら左足を左へ踏み込みながらダウンスイングを開始します。

体重移動のドリル

ボールが通常より左にあるために、うまく打つのはむずかしいですが、体重移動は確実に体験できます。  そして上半身を残した(右肩が突っ込まない)スイングをしないとボールを正確にヒットできないので、 ダフリ矯正にはもってこいの練習です。

意外なダフリ解消策へ


このページの先頭へ

軽いクラブを使えばダフリ減少か?カーボンシャフト装着アイアン を見てみる。