ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 ロールでヒール? 2006/7/5


度の腕のロールが、右に出るタマの原因ではないか・・・

そして、さらにあることに気づきました。 もし手元にクラブがあったらぜひやってほしいことがあります。 アドレスの状態でヘッドをソールし、腕を右にロールしてください。 腕をねじるだけですよ、腰はまわさずに。 

すると、ソールが浮きます。 浮くだけでなく、ヘッド自体の軌道も外側にずれて、元のボールの位置はヒールに なります。

これは、もしや・・・?

そうです。 ぼくが今、ドライバーショットで、ヒールでのひっかけに悩まされ続けているのです。 その原因が、 過度の腕のロールなのではないでしょうか? いや、これに間違いない! ついに、ヒールショットからの解放を 確信し、不調からの脱却を予感したのでした。


さっそく試してみる

練習場で、腕のロールを極力しないように、シャットに上げる感じで素振り。 
う〜ん悪くない(ニヤリ)


ところが・・・

ヒールのひっかけは、あいかわらず出たのでした。

過度のロールで、フェースがスクエアに戻らないというより、コックのリリースが間に合わないって感じ。  これは思い当たるふしがあり。 ぼくのドライバーはイグナイト460をリシャフトして46インチにしてあります。  ◆ドライバーのリシャフト参照

スイングバランスはD9.5。 リシャフトする時に、「バランス悪いからやめたほうが・・・」って言われたのに、 46インチで仕上げてもらったんです。 もう、認めざるを得ない! 短くします(反省)


44.5インチにしてみた

スイングバランスはD2になりました。 これで、3W以下と同じになり、相対的なバランスも向上です。

打ってみると・・・

ヒールひっかけショットは、なりをひそめた感じ。 でも芯食ってないなぁ 全然飛びません。 グリップ方法や振り方などを、 いろいろ試してみるけど、たいていが力ないスライス。

このスライスを撲滅しないことには、スコアなんかまとまるわけない。 スライス・・・ ずっと昔に克服したと 思っていたのに。 

なんとかしなきゃ。

スライスをなくすへ


このページの先頭へ


江連忠 芯に当たっちゃうゴルフ!