ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 シャンクの極限=逆シャンク 2005/8/29


ドルアイアン以上をユーティリティに替えてしのいでいた。

しかし、ついに8番9番アイアンもシャンクするようになってしまった・・・ 下手するとピッチングでもシャンク。  これはもうお手上げである。 自分でも不思議でしょうがないのだが、まったくもってまともに当たらない。  練習場でとなりの打席で、ごるぞ〜が気持ちよく飛ばしている。 決して難しそうじゃない。 でも、自分で打つと 全然まともにあたらない。 シャンクだけでなく超トップみたいのも混ざってる。 とにかくまともに当たらない。 出るのはシャンクとため息だけ・・・

シャンクを直すための練習もいろいろやってみた。

  • 右ひざが前に出ないように、ダウンスイングで左足によせるイメージで打つ
    (右ひざが前に出ると、スイングプレーンが前にずれてシャンクする)
  • クローズスタンスで打つ
    (上と同様。 右ひざがスイングのじゃまをしない効果がある)
  • アドレスでネックをボールにあわせる
    (スイングの時に本能的に内側に引き付けるようになる)
  • ボディターンで打つ
    (手打ちだと乱れがちなスイングプレーンが安定する)

ボディターンで打つのが少し効果がある感じだった。 「ボディターンで打つ」を実感できない人は、クラブがつねに 自分の体の前にあるように振るといいと思います。
しかし、シャンクがおさまるのはほんの一時だけ・・・

アタンネーヨ いったいシャンクとはなんなんだ? 一度、シャンクが出ようがひたすら打ち続けるというのをやってみた。 痛くなってきた右手を 守るために、冬用の右手のグローブも引っ張り出して500球ぐらい打ったけど480球はシャンクだった。 泣けた。 ゴルフやめたくなった。
しかも時折左にも飛び出す始末。 クラブをみると、ネックの左側にボールの痕がついている(ToT) 


逆シャンク??


れでもなんとかなると思っていたウッドたちまでもが裏切りだしたのです。

ネックのないウッドはいくらヒール寄りで打っても、飛距離は落ちても前方に飛んでいきます。 ところがさらにヒール寄り、 というかヒールのはじでかすめるようになり、ボールが左へ飛んでいくんです。 どうすりゃいいの?

今思えば、そのころがシャンクのピークでした。 そのころのラウンドは、なぜか調子いいドライバーはマン振り。 150ヤード 以上残っていたら、スプーンでハーフショットでころがし。 100ヤード以上はユーティリティのハーフショットでころがし。 それ以下は8番アイアンのハーフショットでころがし。 これはこれで結構おもしろかったりもしたんだけど^^;

そしてある日、すごい発見をしたんです。 アドレスして・・・ ワッグルして・・・ おや? ワッグルですでにネックが ボールに向かってるよ!

シャンク日記4「シャンク脱出への序章」へ

簡単ユーティリティーで、とりあえずしのいでおく