ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 ナイキ スリングショット ハイブリッド#2・3・4 2006/9/24

スリングショット ハイブリッド#2
SLING SHOT HYBRID #2 with hDiamana   

ゃんと当たる気がする。 スリングショットハイブリッドを構えると、そう感じます。
その安心感のわけは、ヘッドの大きさが、他社のユーティリティに比べて大きく、 フェアウェイウッドと同じくらいだからです。

  クラウンはカーボン
ただその形状は、クラウンがへこんだ、かなり独特のものであり、スリングショット ハイブリッドの最大の特徴です。 

そのクラウン部の材質はカーボンで、 光線の当たり加減により見えるカーボン繊維が、高品質感を高めています。



このクラブがスリングショットである証として、ヘッド後方部にちゃんとスリングバックバーがあります。 ソールはミラーフィニッシュで、 すっきりとしたデザインです。 ちょっと打つのがもったいないですね。

美しいフィニッシュのソール



ネックに刻まれた「Hybrid」の文字がUSモデルの証。 アメリカではユーティリティのことをハイブリッドと呼びます。
Hybrid


  シャフトは、三菱レイヨンの「hDiamana」です。 
hDiamana

  実際に打ってみると、見た目どおりのやさしさで、出球は非常に素直で高弾道です。 スリングショット ハイブリッドの特異な形状 による低重心が、ボールを楽々と拾い上げてくれます。
「フェアウェイウッドを使っているけど、ボールがあがらなくて・・・」
と悩んでいる人は、やさしいユーティリティに替えてみるのもいいと思いますよ。

 


このページの先頭へ
TOPへ