ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

つのまにか、古いパターのデザインがとても好きになっていました。 

鉄の塊感・・・ 鉄の匂い・・・
中古ショップを巡って、初めて出会う昔のパター。 

残念なことに古いものの定め。 錆や当たり傷、塗装のはがれと、古いパターは程度もそれなりです。 気に入った パターをきれいに復活させたい。 そんな理由から、パターのリフィニッシュを始めました。

今回紹介するのは、スポルディングのTPM2です。 このTPM2は2007年5月現在、ぼくのエースパターです。 ヘッドの 小ささとそのデザインがお気に入り。 打感は決してよくはないのですが、オープンに構えてボールを左よりにセットアップ するぼくの打ち方に合っているのか、平均パット数が少なくなりました。

下の写真は、手に入れた時の状態です。 これで1ラウンドしたのですが、恥ずかしかったぁ(笑)
リフィニッシュ前のTPM2

刻印のペンキを落として、全体をやすりがけして錆を落とします。 当たり傷は特別深いものは、あきらめますが、 たいていの傷は簡単に消えます。 ミラーフィニッシュにしてしまうと、アドレスしたときに反射がうっとおしいので、 ヘアーライン仕上げにしました。 研磨が終わればガンブルー仕上げです。

ヘッドの変化

ガンブルーの仕上がりは、我ながらきれいな出来だと思っています。 美しい青を出せるかどうかが、ガンブルー処理の肝です。

美しいガンブルー
文字入れが大変だったソール
ソケットのラインがセクシー

グリップは、ハンドメイドのオリジナル本革グリップです。 これについては、本革グリップの ページをご覧ください。 どうですか? 古い香りの漂う新しいクラブへと生まれ変わりました。

生まれ変わったTPM2


このページの先頭へ
TOPへ