ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

  小田原城カントリー倶楽部 2015年8月


当にこの道でいいのか?

そんな道をくねくね登ったところに、小田原城カントリー倶楽部はあります。 登ってきた苦労は、スタートテラスに出た瞬間に報われるでしょう。

眼下に広がる駿河湾。 左下の白い小田原の街から続く海岸線は、天気がよければ江ノ島も見えます。 それは当然、逆に江ノ島から、ここ小田原城カントリー倶楽部のフェアウェイも見ることができます。

Out1番は左ドッグレッグのPar4です。 ここは200ヤードほどで直角に曲がり、そこから打ち上げていくホールです。 飛びすぎると、きつい爪先上がりが残ります。 ドッグレッグの内側は、フェアウェイよりも低くなっているだけなので、ドライバーでショートカットを狙うのも可能ですが、ひっかけるとOBになります。


ドッグレッグのコーナーに刻んだ場合、ピンの先端だけ見えるような打ち上げの200ヤードなので、結構やっかいです。 スタートホールなら、無理をせず手前からの方がいいかもしれません。

2番ホールは打ち下げのPar3です。 右に池がありますが、このホールのハザードではないので気にしないことです。 引っかけは禁物。 OB 一直線です。

3番ホールのティーグランドに立つと、一瞬連続Par3か? と思いますが、短いPar4です。 250ヤード打てれば、砲台グリーンの斜面に届きます。

4番ホールは打ち上げで、右ドッグレッグのPar4です。 ティーショットが突き抜けると、グリーンが狙いづらくなるから注意が必要です。

5番ホールは313ヤードのPar4です。 今回はここでマン振り。 ティーグランドからは、グリーンに乗ったように見えましたが、行ってみると右手前のバンカー。 残念・・・  このホールは一見広そうですが、右サイドが右に傾斜しているので、右曲りの球を打つと、あっさりワンペナになってしまうので注意してください。

6番ホールは626ヤードのPar5です。 ティーグランドからは、左はがけでアウト、右はのり面で頂上は森、さらに626ヤードの距離とあいまって、緊張のティーショットになります。 ただぼくのおすすめは、右のり面の頂上です。 そこに上がるのは無駄な体力を消耗しますが、相模湾の絶景を見ることができます。 ぜひ、左に引っ掛けてしまった人も、後ろの組の進行を気にしながら、のり面の上に上がって、相模湾の絶景をお楽しみください。



7番ホールは453ヤードと短めのPar5です。 6番と続いて、ロングロングです。 ティーショットさえ、そこそこのところに飛んでいれば、まちがいないホールなんでしょうけど・・・ グリーン手前の右のバンカーが深いです。 実はその手前も大きくくぼんでいて、そこに落とすとやっかいです。

8番ホールは、まっすぐゆるやかに上る276ヤードのPar4です。 なにも難しいところはないように見えますが、グリーンが受けているうえに2段になっているので、超超難しいです。 下からは、あほみたいに打たないと上の段に上がらないので覚悟してください。

9番ホールは打ちおろしのPar3です。 距離感が難しいホールです。 奥は絶対だめですが、手前からはころがり上がらないので、ナイス距離感が必要です。

お昼休みは、相模湾の絶景を見ながら、おいしい食事とおいしいお酒。



10番ホールは高低差30mの打ちおろしPar4です。 右はOB、左はワンペナです。 勇気をもって振っていく必要があります。 うまくいったときの気持ちよさは全ホール中、いちばんでしょう。

11番ホールも打ち下ろしのPar4です。 ここはドライバーによるティーショットの落下地点が、かなり細くなっているので、手前に刻むのが安全ですが、左にはずすと、左斜面にグリーンが隠されるうえに、グリーン左はがけなので、かなり難しいセカンドショットとなってしまいます。

12番ホールは平たんなPar4です。 ティーグランドの前に池がありますが、気にする必要はないでしょう。 

13番ホールはゆるやかな打ち下ろしのPar5です。 コースが左右にくねっているので、狙いが難しいのと、グリーン手前の池がかなりきいています。 

14番ホールは打ち下ろしのPar3です。 右も左もぶれを許さないホールです。 かなりの難しさです。

15番ホールは打ち下ろしの左ドッグレッグのPar4です。 ここで1打目をダフリフックでOBさせたあとの打ち直しで、グリーンにキャリーで乗せました! じゃっかんフォロっていたのも要因でしたが、今後このホールのティーショットが難しくなった気がします。

16番ホールは15番と逆に右ドッグレッグのPar4です。 15番のロングドライブで調子に乗り、ドライバーをマン振り。 これまたいいあたりでしたが、直接グリーンを狙っていなかったので、グリーン左の斜面に着弾。 う〜ん 狙っていたら届いていたなぁ

17番ホールは池越えのPar3です。 池はそれほど気にする必要はありません。

18番ホールは435ヤードと短めのPar5です。 だらだらと登っているうえに、大きな砲台グリーンが簡単なツーオンを防いでいます。 

関東で2番目に簡単といわれている小田原城カントリー倶楽部ですが、いやいやそんなに簡単ではないので、気を許さずにラウンドしてください。 この記事を書いている途中に一度ラウンドしたのですが、その日は天気が良く、城ケ島はおろか房総半島まで見える絶景の日でした。  ぜひ一度行ってみることをお勧めします。


このページの先頭へ
あなたの行きたいゴルフ場は? ラウンドストーリー一覧
TOPページへ



ゴルフダイジェストオンラインで 小田原城カントリー倶楽部 を見てみる

楽天GORAで 小田原城カントリー倶楽部 を見てみる