ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 彩の森カントリークラブ 2006年5月


の国の、緑に彩られし森

クラブハウスより

関越自動車道、花園ICを降りて、長瀞の静かな流れ横目に28キロ。 秩父の山の合間に、ここ彩の森カントリークラブはあります。  設計はトム・ワトソン。 彼の設計哲学は「全てプレイヤーに公平に、ミスショットにはペナルティを与える」だそうです。

OBはありますが、フェアウェイは広くストレスを感じるようなことはありません。 フェアウェイの豊なアンジュレーションと、 それを上回る手ごわいグリーンが、ゴルフというゲームの難しさと面白さを満喫することができます。

ぼく自信の調子が、このところ最悪なので、今まで以上にコースマネージメントを大切にと心がけたこのラウンド。  トム・ワトソンに挑戦とは荷が重い・・・

スタートはInから。 その中の二つのホールを紹介します。
13番ホール Par5 491ヤード(レギュラーティー)
ひたすら打ち上げ
打ち上げのPar5です。 ティーショットをそこそこ成功させたプレイヤーは、ここで2オンを狙うか、手堅く3オン狙いにするか 決めなければいけません。 今日は残り240ヤード。 この打ち上げで240ヤード先のグリーンなんて狙うほど、 ぼくはオバカではないので、3オン狙いは決定。

しかし、グリーン手前80ヤードぐらいから、さらにきつく上っているので、この斜面が始まる前の場所にレイアップがまちがい なさそう。 ここは7Iできっちり刻みます。 

レイアップも成功した3打目。 残り90ヤードの打ち上げです。 グリーンの右にはずすと、下り斜面です。 こっちは最悪です。

ショット!

あっ つま先下がりだった! ボールはじゃっかん右へ打ち出されました。 しかし、斜面までは行かなかったようです(安堵)  しかし、しかし、ボールのところへ行ってみると、バンカー越えのアプローチが残っていました。 しかも、縦長のグリーンの 横から乗せるのです。 グリーンの幅は15ヤード、砲台なのでオーバーは避けたい・・・ でも、バンカーは絶対に避けたい。

ショット!

ボールはバンカーを超えグリーンへ。 ごるぞ〜の「んまい!」の声もむなしく、ボールはだらだらところがり、グリーンの外へ。  そこでぼくはトムワトソンの罠を見たのです。

罠

こんなところから、どうやってグリーン乗せるんじゃ? ちょっとオーバーしたら向こうのバンカーじゃん・・・
このプレッシャーに耐えられず、ザックリ(泣) 一瞬切れそうになる。 しかし、ここで思いとどまり、最善策を探す。  うん ここはパターがクレバーだね。 そしてあやうく大たたきを逃れるのでした。



きりんくんデビュー



14番ホール Par4 291ヤード(レギュラーティー)
バンカーばっかり
冷や汗をかかされた13番を終えると、291ヤードと短めのPar4です。 しかし、このグリーン周りのバンカーの数ったら・・・  2打目を狙いやすい距離を残したいので、ユーティリティの4番で200ヤードを打ち、残り90ヤードをピッチングの調整ショットと 計画。

しかし、なんとティーショットがチョロ。 ..................○コロコロ
打ち下げが幸いして、100ヤードは転がった感じ(汗) 残り200ヤード弱。 グリーン周りはバンカー。 刻むか?

ティーショットに使ったユーティリティを、バッグに戻すことなく自分のボールへと向かいました。 コースマネージメントは? 

ショット!

打ち出されたボールは、高々と、そしてまっすぐグリーンへ向かっていきます。 今日はこのような力強いタマが打てている・・・  たぶんグリップをフック気味に変えたせいかな。
ボールは見事?、ギリギリグリーンに乗りました! 世が世じゃなくてもツーオン!



9番ホールグリーンを臨む



ここ彩の森カントリークラブ はホテルも併設されています。  いつか泊まってプレイもしてみたい。 そのときはトムワトソンにリベンジです。


このページの先頭へ
あなたの行きたいゴルフ場は? ラウンドストーリー一覧
TOPページへ

業界トップクラス!楽天GORAでゴルフ予約

ホテルの予約はこちら→ 全国