ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

TOP>誰だって最初はビギナー ゴルフ用語集 「ラ行」 基本的なゴルフ用語の独自解説

 ラリルレロ


[ラ]


ライ
ボールのある芝・地面の状態。 「ライが良い」とか「ライが悪い」とか言う。
ラテラル・ウォーターハザード
コースと平行に流れる川など、ウォーターハザードの後ろにボールをドロップできないようなウォーターハザード。
ラフ
芝を長めに刈ってある場所。 一般人向けにあまり長めにしていないので、「むしろラフの方がよい」、なんていうこともある。
ラン
ボールがころがること。
ランニングアプローチ
ころがして寄せるアプローチ。 青木功いわく「ゴルフはゴロフだ」 まずはランニングアプローチができるかを考えましょう。

[リ]


リカバリー
ピンチな状態(バンカーからのショット等)から、上手く抜け出してよい状態に持っていくこと。
リシャフト
クラブのシャフトを取り替えること。 自分のスイングにあったものに変更することで、スライスなどを無くしたり、飛距離をアップしたりできる。
リバースオーバーラッピング
グリップの方法。 通常のオーバーラッピングは右手の小指を左手の人差し指に乗せるが、それとは逆に、左手の人差し指を右手の小指の上に乗せる。 パッティングやエッジからの寄せの時に使われる。 左手の手首の動きを抑えられる。
リプレース
ボールを元の場所に戻すこと。
リンクス
海岸沿いで自然の地形を生かしたコースのこと。

[ル]


ルースインペディメント
自然物のこと。 [石、木の葉、木の枝など・動物の糞・虫類や、虫類が地上に吐き出したり掻き出したものやそれらの山]を含む。 ただし固定されていたり、生長しているもの、地面にくいこんでいるもの、ボールについているものは除く。

[レ]


レイアップ
次のショットを得意な距離にするような場所に向けてショットすること。 たとえば・・・「グリーンまで残り200ヤードか。直接狙うとバンカーもあるし、左はOBだなぁ。 ようしここは俺の得意なサンドで60ヤードショットが打てるようにレイアップするぜ!」と言いながら140ヤード先にボールを運ぶこと。 
レギュラーティ
ティーグラウンドで中央に配置されているティー。 一般プレーヤーはここからスタートする。 通常ティーグラウンドは、「バックティ」「レギュラーティ」「レディースティ」がある。
レギュラーティ
レディースティ
ティーグラウンドで最前方に配置されているティー。 女性プレーヤーはここからスターとする。 通常ティーグラウンドは、「バックティ」「レギュラーティ」「レディスーティ」がある。
レディースティ

[ロ]


ローカルルール
そのコースで特別に定められたルール。 大抵、スコアカードの裏、キャディマスター室の横とかに書いてあるので必ず目を通しましょう。
ロストボール
ボールを紛失すること。 探し始めて5分間で見つからなければ、ロストボールになる。 1打加えて、元の場所に戻って打ち直す。 プライベートなラウンドだとプレーの進行上、二罰打付加で無くなったあたりから始める。 おろしたてのニューボールが一撃でロストすると泣ける。
ロフト
クラブのフェースの角度。 仮にフェースが垂直ならロフトは0度。 ロフトが寝ているほど、ボールは高く上がり飛距離は落ちる。
ロングアイアン
長いアイアンのこと。 1〜4番アイアン。 
ロングホール
471ヤード以上のパー5のホール。 ロングホールは途中のミスが挽回しやすく、スコアを縮めるのに大切なホールである。