ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 ノーザンカントリークラブ 上毛ゴルフ場  2010年5月


まには群馬のゴルフ場行きたいね〜

ということで、数年ぶりにノーザンカントリー上毛ゴルフ場にいってまいりました。 このレポートを 書いていて初めてしったことですが、前ラウンドの花生カントリークラブと同じ小林 光昭氏の設計のゴルフコースです。

No11 Par4 2打目地点からティーグランドを振り返る

関越自動車道渋川インターを降りて30ほど。 群馬の山の奥にノーザンカントリー上毛ゴルフ場はあります。 途中の道 にコンビニはみあたらないので、インター周辺で寄って行くことをおすすめします。

バンカー・アプローチ練習場

打席練習場が無いのが残念ですが、かわりにアプローチ練習場とバンカー練習場があります。 その横に練習グリーン。  かなり傾斜のきつい練習グリーンで、基本となるタッチを確認しづらいのが欠点です。 「こんな傾斜はないだろ〜」  と思っていたのですが・・・ 

ここノーザンカントリー上毛ゴルフ場は、Out InともにPar5で始まり、Par5で終わります。 そのOutのスタートホールで、 ぼくが人生初のイーグルをゲットした思い出のホールです。 ただそのころの記憶は薄く、どんなホールだったか覚えていません。

529ヤードのこのホールで、2打目を180ヤードぐらい打てるユーティリティで打った記憶はあるのだけれど・・・ すると ティーショットは300ヤード以上? そのころ使ってたアメリカン倶楽部の激飛びドライバーをもってしても、ちょっと 不可解な数字。 アコーディア特有のティーグランドがやたら前なセッティングだったとか?

ティーグランドに立って納得。 先が見えないほどの打ち下しです。 実際に、近年まれにみるナイスショットで2打目 地点に行ってみると、ティーグランドから230ヤードにある黄色い吹き流しを大きくアウトドライブしています。 

なるほどなるほど これだけ打ち下していれば飛ぶわなぁ。 ヤーデージ杭を見るところ、残り距離は160ヤードぐらい。  ってことはティーショットは360ヤードオーバー(笑) これなら2オンは楽々狙えます。 なのに なのに・・・



それにしても、ここノーザンカントリー上毛ゴルフ場は、こんなに難しかったのか? と、驚かされました。 2打目の ライが平らなことはまずありません。 つまさきあがり、つまさきさがり、左足あがり、左足さがりとなんでもありです。

しかも、グリーンの左が崖とか、右が大きく下がってるとかが多い! 打つ場所のライとのコラボでかなりナーバスな ショットを強いられます。 さらにグリーンの奥はほぼOBな上に、視覚的にもグリーンに奥行きが感じられません。 

ポテトチップスグリーン

グリーンは2枚なので、小さくても当然なのですが、本当に小さい! 遠くから見たまんまに小さい(笑) さらに なんじゃこりゃっていうぐらいのアンジュレーション。 写真だと、うねりのすごさがつたわらない・・・  まさにポテトチップス状です。 これはむずかし〜 むずかしくってたのし〜♪

ショートホールはふたつの打ち下げホールと、グリーンとティーグランドがほぼ同じ高さのふたつです。 打ち下げの ホールは当然狙いやすいのですが、それ以外のふたつのホールは、距離がそれほど長くないのにかなり難易度高しです。  自分の飛距離を正確に把握していないと、ワンオンは難しいでしょう。

No5 Par3 160ヤード グリーン奥にこぼすとかなりやっかい・・・

ノーザンカントリー上毛ゴルフ場の特徴のひとつが、ベント芝のフェアウェイです。 エバーグリーンのじゅうたんは、 うまく打てればターフが飛んでいって、まるでプロのようです。

No6 Par4 榛名山? 浅間山?

その緑の芝に、はらはらと舞い散る花びら。 5月初旬は山桜が楽しめます。 一筋縄ではいかないコースが好きな人はぜひラウンドしてみてください。

No4 Par4 山桜とグリーンとバンカー


このページの先頭へ
あなたの行きたいゴルフ場は? ラウンドストーリー一覧
TOPページへ



ゴルフダイジェストオンラインで ノーザンカントリークラブ 上毛ゴルフ場 を見てみる

楽天GORAで ノーザンカントリークラブ 上毛ゴルフ場 を見てみる


大きな地図で見る