ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 うぐいすの森ゴルフクラブ&ホテル馬頭  2010年10月


雨洪水警報やら注意報が、関東各県で発令されている、秋の朝。

栃木県那須郡那にある、うぐいすの森ゴルフクラブ&ホテル馬頭(旧セントレジャーゴルフクラブ馬頭(さらに旧名はTPC馬頭後楽園ゴルフコース  古いナビにはこう表示されていました))へ向かって、降りしきる雨の中を愛車を走らせていました。  せっかくの休みのラウンド。 しかも今日は併設ホテルに泊まり。 こんな日に雨の中ゴルフなんて・・・

いやいや、けっして雨のゴルフがきらいなわけじゃありません。 雨のゴルフも気持ちよかったりします。 傘の中で、どうやって打つかなんて ひとりでぼそぼそ言っていると、結構集中できてしまったりもするんです。 しかし。 しかし、どうせなら天気のいい日にゴルフをしたい。  今日は久しぶりに使ってみよう。 雨をやます力を。 太陽をよぶ力を・・・(ェィャァァァァ・・・)

今回は常磐自動車道、那珂インターからのエントリー。 理由は東北自動車道より渋滞が少なそうだから。 ちなみに高速道路や一般道の 渋滞予測や渋滞情報は日本道路交通情報センターのサイトが便利です。 那珂 インターから、うぐいすの森ゴルフクラブまでは58キロもありますが、ここらへんの道は1キロ1分ぐらいで走れますので、それほど 苦にはなりません。 ただし、コンビニのなさにびっくり。 ぼくが通ったルートには、皆無と言っていいほどでした。 必要な買い物は 、インターを降りる前に済ませておいた方が安心です。

霧に浮かぶ18番ホールのグリーンと池@うぐいすの森ゴルフクラブ

うぐいすの森ゴルフクラブに到着したころには、雨はやんでいました。 しかし、霧であたりいちめん真っ白です。 霧のゴルフは雨のゴルフより、 つまらない・・・ じゃっかんの不安をかかえつつ、霧に包まれながら練習場へ。  練習場は250ヤードあり、本日の球筋を見極めるにはまったく問題なし。 そして今日のぼくのショットも、まったく問題なし!

Out No1 Par5からのスタートです。 すでに霧も晴れて、遠くの山々が見えてきました。 

うぐいすの森ゴルフクラブ No1 ティーグランドから

ここ、うぐいすの森ゴルフクラブで、いちばんの高低差があるホールでしょう。 かなりの打ち下げです。 右はOB、左はワンペナ、正面に見えるバンカーを越えると、 左もOBになります。 スタートホールのOBはきついので、ここはドロー目に打って右OBは避け、しかもバンカーを越えてランもかせぎたい・・・

おおっといけない、欲が出てしまいました。 そこまで飛ばす必要はないですね。 と、思いなおして打ったボールは大きくフックして、 正面の、つまり左ラフにあるバンカー手前に落下。 まあペナルティーでなければOKです。 がんばっていきましょう♪ 腰につけたカートの リモコンのスイッチを押して、歩いて坂を下って行きます。 振り返ったティーグランドの上の空は、すでに青空が見えてきています。 自分の 晴れパワーににっこり♪

ティーグランドを振り返ると青空

  ボールの落ちたところに来てみると、ラフは深く、しかも雨で濡れているために、まともに飛ばすことはできそうにありません。 これはトラブルです。 確実に出すだけを選択。  7鉄でフェアウェイに戻します。 残りは185ヤード程度。

グリーンまで185ヤード

右は池、右手前はバンカー。 左のバンカーは入れないほうがいいだけで、あまり気にしなくて良さそうです。 ここはグリーンの左にある木から、 フェードでまいていきましょう。 仮に曲がらなくても大トラブルにはなりそうもありません。 そして打った球は本当に曲がらず、グリーン左に 着弾。 それをワンピンに寄せ、気合でねじ込んでパー発進です。

次のホールもパーをゲットして、「今日こそ72でまわってしまう日なんだ」と思ったのもつかの間、3番ホールをブッシュに打ちこみアンプレヤブルでダボ。  4番ホールをドッグレッグを突き抜けてOB。 6番ホールをドッグレッグと逆に曲げてOB。 と、瞬く間に夢は消えていきました。 ここ、うぐいすの森 ゴルフクラブは、ドッグレッグがかなりあります。 Outは、ドライバーを使い、曲げて攻めたり(なんだか曲がらない球が多かったが)、ショートカット をこころみたのですが、無難にフェアウェイウッドやらでまわったほうがよさそうです。 反省したInはU2や4Wで、クレバーなゴルフを展開してきました。

No3 Par4 右ドッグレッグ




うぐいすの森ゴルフクラブには、多くの印象的な池が配置されています。 池は戦略的に、プレイヤーの心にプレッシャーを与えながら、一方 コースの美しさを造りだしています。 

No5 Par3 ティーグランドから
No5 Par3 ティーグランドから

No17 Par4 グリーンへ
No17 Par4 グリーンへ

No18 Par4 No17の池を振り返る
No18 Par4 No17の池を振り返る




グリーンは1枚です。 複雑なアンジュレーションはありませんが、かならず傾斜している感じです。 今日は寄せがうまく いったのか、18ホールでのパット数は30でした。 その30回のパットで、平らだったのは一度もなかったと思います。

  何度もつかまったバンカーの砂は、雨に濡れてもやわらかいものでした。 バンカーからOBを打ち、ドロップしたボールが目玉になってしまった ぐらいです。 そのバンカーもまた、コースの美しさを造りだすひとつの要素です。

No7 Par3 ここのバンカーには決して入れたくない
No7 Par3 ここのバンカーには入れたくないです

No11 Par3 空と雲とグリーンとバンカー
No11 Par3 空と雲とグリーンとバンカー




No18 Par4 フェアウェイの左にクリークが続く No18 ティーグランドから フェアウェイ左にクリークが続く

最終ホールも左ドッグレッグです。 グリーン横の池から、ティーグランド手前までフェアウェイの左にクリークが 続いている、とても印象的なホールです。 レギュラーティーからだと、ドライバーはなかなか振りづらいコース形状 です。 今日あたっているバフィーでティーショットです。 フェード狙いがつかまって左ラフへ。 クリークぎり ぎりでセーフ。 

No18 2打目地点からクラブハウスを臨む

いってみるとかなり深いラフに沈んでいました。 ここからグリーンまでは50ヤード程度ですが、70ヤードは打つつもり でショット。 しかしラフに負けてショート・・・ 最後の寄せは得意の5番アイアンころがしでいったのですが、 グリーン外のワンバン目で、芝目に負けてイレギュラーバウンド。 順目だから大丈夫そうに見えたので、グリーン外 にワンバンさせたんですけど甘かったです(反省)

次回はホテル馬頭と、コースからわずか18キロのところにある、袋田の滝の紹介です。


このページの先頭へ
あなたの行きたいゴルフ場は? ラウンドストーリー一覧
TOPページへ



ゴルフダイジェストオンラインで うぐいすの森ゴルフクラブ&ホテル馬頭 を見てみる

楽天GORAで うぐいすの森ゴルフクラブ&ホテル馬頭 を見てみる


大きな地図で見る