ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 2011年のシャンク その1 2011/10/31


年はアイアンマンカップのあがり3ホールでやってきたシャンク病。

その後リハビリをへて、完治していたのですが、今年も突如やってまいりました。 それは5月、新緑が目に心地よい 、鴨川カントリークラブでのラウンドのことです。

ボギーボギーパーときた4ホール目。 1打目を気持ち良く飛ばしたぼくは、同伴競技者が打ち終わるのを待ちながら、 どうやって打つか考えていました。 ライは良く、グリーンセンターまで120ヤード、ピンは奥に切ってあります。  ボールを右において、クリーンにとらえよう。 フェアウェイバンカーのようにクラブを短く握って・・・ バック スイングで体重を移動せず・・・ ボールと目の距離が変わらないように気をつけて・・・

ペチッ!

? シャンク? 

ボールは右前方43度へすっとんでいくではないですか。 なんだなんだ? あまりのひさしぶりの見事なシャンクに、 軽く意識が蒸発していきます。 

ボールは右のラフに生えている木の根本に。 たいして高くないその木は、枝ぶりだけは立派で、ボールを高く打ち 出せません。 なのにグリーンの手前にはぽっかりバンカーが。 エッジからの寄せ用に持ってきた6番アイアンで 低く打ち出してはみたものの、グリーンの上をネズミのようにかけぬけて、向こう側へ消えてしまいました。

そのホールをダボとした次のホール。 ティーショットを左に曲げた左法面の、最強つまさきさがりのショットを打つ ときのことです。 グリーンまでは120ヤードほど。 うまく縦振りができれば、スライスせずにグリーンをとらえる ことができるはずです。 ゆっくりバックスイングして・・・

クイッ!

トップで手首が変な動きをしてるではありませんか。 わけもわからず振り下ろすと、またまた見事なシャンク。  ボールはフェアウェイを斜めに横断して、右の池まで一直線です。

別の日の話しです。 朝一ティーショットを右ラフに入れた2打目。 前日にシャンク封じの練習をして、ある程度の 自信を持っていたのですが、どうやったか忘れてしまい、とりあえずユーティリティで打っておけば大丈夫だろうと 打ったらシャンクしてOBゾーンまっしぐら。

今シーズンいちばんつらかったのは、なんと言っても8月におこなわれたアイアンマンカップでの出来事です。 この 日は本当にたいへんでした。(詳しくはアイアンマンカップのレポートをごらんください)

今年のシャンクの特徴は、

頻発しないけど、1ラウンドに1回は必ず出る

頻発しないので、本格的に治療に専念することもできず、いつ出るかわからないシャンクにおびえながら、ショット をくりかえしているのです。 これはちょっとつらい・・・

ある日、重大な覚悟をしました。
「おれは下手だ。 もっと簡単なクラブにしよう」
ぼくのアイアンは、ナイキプロコンボツアーです。 名前にツアーとあるだけに、上級? そこまで言わなくても、 中級の上向けぐらいのクラブです。 ショートアイアンはマッスルバック。 ミドルアイアンはセミキャビティ。  ロングアイアンはキャビティとはなっていますが、ストレートについた小振りなフェースは、そう簡単にはいい球を 打たせてくれそうには見えません。

いつかはマッスルバック。 そう思っていましたが、もうあきらめました。 易しいアイアンで、いつでもいい ショットを打とう。 そう決心したぼくは、ナイキのサスクワッチマッハスピードを手に入れたのです。 ヘッドは 大きすぎず、ソールもそこそこの広さです。 これなら得意のダフりにも有効では♪ 

練習場で打ってみました。 どれもナイスショットです! はっきり言って、フェースのどこに当たっているのか、 いまいちわからないのですが、どの球もみな同じように気持ち良く飛んでいきます。 これでいい。 もうこれで いいんだ。 そう思えたのでした。

ところが、飛距離の比較のために、ときどき持ち替えて打つプロコンボツアーの打った感触がとてもよいのです。  ボールがぎゅっとつぶれる感じ。 これがフェースの薄いサスクワッチにはないんです。 これがよく言われる打感 が悪いということなのでしょう。

でもこれは我慢です。 目的は打感じゃないのです。 出る球が良ければそれで良いのです。 自分にそういいきか せるように、ぼくはサスクワッチを打ち続けたのでした。


そして、サスクワッチのデビュー戦がやってまいりました。 場所は千葉のキャメルリゾートゴルフクラブ。  ラウンド前日の夜、明日の台風に柔らかくなったフェアウェイに、サスクワッチの幅広ソールはもってこいだね。  と、にやにやしながら、準備をするぼくなのでありました。

2011シャンクその2へ続く




このページの先頭へ
TOPへ

できるできないは素質ではなくゴルファー脳の使い方!