ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 ウェッジであげるか? アイアンでころがすか? 2009/3/3


芝対策にウェッジのバンスを削って、今のところ良好な結果を得られました。

更なるウェッジ遣いをめざして、百合丘カントリークラブのアプローチ練習場で練習していたときに、 あることを思いつきました。 ウェッジのピッチショットと9番アイアンのチップショットでは、 どちらが優秀なのか? 



アプローチ練習場で実験

テストの条件は以下の通り

  1. ピンまでは20ヤード
  2. エッジまでは10ヤード
  3. ピンまでは平坦
  4. 打つボールは28球(数に意味はなく、かごに入っていた数)

条件は全く一緒ですが、この実験を行う前にウェッジはすでに100球近く練習していました。 対して 9番アイアンは、ぶっつけ本番です。 結果はずばり写真の通り。

ウェッジのピッチショットと9番アイアンのチップショットの比較

左の写真、9番アイアンの結果が、なんとなくピンの左にボールがかたよっているのは、グリーンが右傾斜しているので、 左に打ち出しているからです。 数球ショートしていますが、ほぼ満足できる結果でした。

対して右側のウェッジの結果は、大きくショートしている2球以外はピンを中心に均等にちらばっています。 これは やはりころがる距離が短いので狙った位置にボールが静止するからでしょう。 これは上出来ですね。

しかしよく見るとウェッジの方がボールの数が少ないような・・・

はい。 実はザックリでグリーンまで届かなかった2球とトップしてグリーンをこぼれた2球がありました(汗)

グリーンまで届かなかった2球



それと、カップインしたボール(ニヤリ)

直接カップイン♪





結局どっちがいいのか?

相当練習を積めるのならば、トップやザックリのミスを減らせると思われるので、ウェッジの方がピンによる でしょう。 しかしなかなかそこまでには到達しないですよね。 ということで、 ワンバウンド目がグリーン面にできるなら、9番アイアンのチップショットが安全確実ですね。


このページの先頭へ
TOPへ戻る

角溝のウェッジの激スピンで攻める!

シーズン到来! 最新ウェッジで寄せてみる