ゴルフ大好き♪ 世が世なら2オン!

 リシャフト作業2 2008/6/8


ャフトの準備が整ったので、ヘッドを接着します。

1.ヘッド接着

エポキシ接着剤 使用する接着剤はアラルダイト ラピッド です。 12時間で最高硬度に達しますので、作業の翌日にはボールを打つことができます。 

10本以上のヘッドを接着できるリーズナブルさと、ぼくの行った、ドライバーからパターまでの全てのリシャフト に使用してきた経験からもおすすめの品です。


ホーゼル内の清掃 接着前にホーゼル内の脱脂を行います。 ウェスにアセトンを染み込ませてものを使います。 強固な接着 のためには、とても大切な作業なので、必ず行いましょう。


接着剤の塗布 接着剤は2つの液を混ぜて使います。 詳しくは使用する接着剤の説明書をよく読んで混合してください。

混ぜ終わった接着剤をホーゼルの中に塗りたくります。 気持ち多いかな?ぐらい塗っておいて、シャフトを さした時にはみ出た量をよく覚えて、次のリシャフト作業に生かしましょう。


接着剤の塗布 シャフトにも同様に接着剤を塗ります。 


シャフトの挿入 シャフトをヘッドに挿入します。 シャフトをぐるぐる回転させながら、接着剤がヘッドとシャフトの隙間に きっちりと行き渡るように、すこしずつさしていきます。 


はみ出た接着剤 シャフトが最後までささると、ソケットとホーゼルの間に接着剤がリング状にはみ出てきます。 接着剤は ウェスでふき取り、アセトンで、さっと清掃しておきます。 

この作業をあまり念入りにやると、アセトンがソケットとホーゼルの隙間に染み込んで、接着剤を破壊する 気がするので、軽くさっとだけやるようにします。


回転防止のメンディングテープ はみ出た接着剤を清掃したら、ヘッドの向きを合わせます。 ヘッドの向きを合わせたら、接合部に メンディングテープを貼って、ヘッドが回転しないように固定します。 

固定したら、ヘッドを下にしてシャフトをできるかぎり垂直に、そしてシャフトに余計な力が加わらないようにして 接着剤の硬化を待ちます。



2.ソケットの仕上げ

接着剤の硬化時間が経過したらソケットとホーゼルの段差を修正します。 

ソケットをやすりで整形するので、ホーゼルのはじにビニールテープを1周巻いて、傷がつかないように養生します。


やすりで整形 #240の紙やすりで大きな段差を削ります。


繊維やすりで仕上げ 繊維やすりの細かいもの、さらに細かいものと作業をすすめて、仕上げていきます。


削り修正後 こんな感じで段差がなくなっていますが、やすり傷がまだ残っています。


アセトンで仕上げ 筆にアセトンをつけて、さっとなでるとあらふしぎ。 ソケットの傷がなくなってつやが出ます。

あまりアセトンをつけすぎると汚くなるので注意してください。



今日はここまでです。 次回はグリップの装着です。


このページの先頭へ
TOPへ戻る